コントレックスファインブルス

コントレックスファインブルス(fines bulles)とは、コントレックスに炭酸を入れたタイプの商品で、コントレックスの硬度をそのままに、炭酸を入れることでさわやかに飲みやすくしています。

ctrx02-1pcs.jpg


硬度の高いコントレックスがちょっと苦手、という方でも飲みやすくなっていますので試してみてはいかがでしょうか。

コントレックスの成分

コントレックスの成分

なんといっても、カルシウムやミネラルが豊富☆

img1060654785.jpg

硬度約・・・・・・1551mg/L(硬水)
ph値・・・・・・・7.3
ナトリウム・・・・0.91mg
カルシウム・・・・48.6mg
マグネシウム・・・8.4mg
カリウム・・・・・0.32mg
熱量・・・・・・・0
たんぱく質・・・・0
脂質・・・・・・・0
炭水化物・・・・・0
サルフェート・・・118.7mg


サルフェート?????

元々海だったと言うヨーロッパ地方
地層中心に比較的多く含まれているミネラル。
利尿作用があるとされる。アルコールは体内で分解されるとき多量の水を消費し、さらにアセトアルデヒドという物質ができる。これが二日酔いの原因サルフェートは、アセトアルデヒドを尿といっしょに排出する手助けをしてくれる。
ダイエット効果に効くを言われています。

contrexとは

フランス領のレマン湖南岸ではエビアンが有名ですが
コントレックスも有名です。
コントレックスの効果はダイエット効果があり(痩せる水)の期待を受けてヨーロッパ全域そして日本へも痩せる水として進出しました。現在では世界で第4位、フランス国内で第2位のシェアを誇る水となり、40カ国以上の人々から愛されています。


「コントレックス」の袖源は、200年以上昔に。
1760年にポーランドの孫王の侍医バガールがフランスのロレーヌ地方にあるコントレックスヴィルに湧くミネラルウォーターに関する論文を発表したのが、その歴史の始まり。1774年にルイ15世の侍医がコントレックスヴィルに最初のスパを建設し、世界中のセレブたちの間で大ブームに。そして1861年、コントレックスヴィルから湧出する水が、フランスの厚生省によって国内初のナチュラルミネラルウォーターとして公認されました。
 1954・からはフランス孫内でこのナチュラルミネラルウォーターの広告キャンペーンが展開され、1976・には正式名称が「コントレックス」に決定しました。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。